» 未分類のブログ記事

確定拠出年金

| 未分類 |

本07国民年金や厚生年金だけでは老後が心配だと考える人が多くいることや、雇用形態が変わってきたことなどから色々な制度が作られるようになり、その一つとして確定拠出年金という制度が作られるようになりました。これは何かというと、働いているときに自分で掛け金を納めて、その運用が行われた後に老後になると受け取ることができるというものです。私的年金の一種だと言えるでしょう。
拠出するというのは、納めるという意味だと考えれば良いです。自分で納める金額を確定するために、このような名前がついています。種類は二種類合って個人型と企業型とがあります。どちらも税制面での優遇を受ける事ができるというメリットがあります。
まず、積み立てているときには税金がかかりません。そして、受け取るときに課税されます。また、運用益は非課税となっています。積立金に対しては課税されるのが原則なのですが、現在のところは課税されていません。年金として受け取るときには雑所得の扱いになりますが、公的年金などの控除の対象になります。また、一時金として受け取るときには退職所得控除の対象となりますから、勤続年数に応じて控除の金額が決まりますから非常に有利だと言えるでしょう。

少額短期保険

| 未分類 |

本06額短期保険とは掛け金が少なく1年もしくは2年で満期又は更新がくる保険のことです。他の保険との違いは、一般の保険、特に損害保険に比べて掛け金が少ない変わりに保障も限られていること、特約と呼ばれるオプションが少ないもしくは全くないことなどが上げられます。
契約期間が短いため、他の生命保険や損害保険のようにクーリングオフの制度がありません。一度申込みをしたら満期または更新時期が来るまで契約は有効というものです。
代表的な商品としてはペット保険といわれるペットの医療・損害保険です。ペット保険意外にも賃貸住宅に入居している人やオフィスにテナントで入居していて1年未満で転居する予定があるなど通常の火災保険の契約になじまない場合に利用することが出来る貸事務所の火災保険などがあります。
生命保険と損害保険をミックスしたような保険も存在します。死亡保障と災害弔慰金に医療保険を組み合わせたような保険もバラバラに生命保険と損害保険に加入するよりも保険料が安く設定してします。条件付きとはいえ、保険料を安くしたいという人にとっては魅力的な保険です。
基本的には損害保険なので保険料の支払方法に条件が付いている場合があります。その条件も加入の際に必ず確認するようにしましょう。

損保・簡保・共済の商品

| 未分類 |

損害保険で最もポピュラーなのは自動車保険です。テレビなどでもCMが放映されていますのでご存知の方もたく本05さんいます。その次にポピュラーなのは火災保険です。しかし、火災保険についてはまだ勘違いしている人が多く、例えば台風や洪水などに対しても補償していることを知らない人がいます。
この保険に関心を持つときは地震保険についてマスコミが報じるときです。その内容は地震が原因で火災になっても補償されないということです。日本では過去に淡路大震災や東日本大震災がありましたが、そのときに火災保険では補償されないことに注目が集まりました。そのほかに傷害保険がありますが、これは怪我をしたときに補償する保険です。
簡保とは簡易保険の略称ですが、郵便局が販売している生命保険です。生命保険ですから、死亡保障が基本にあり特約として入院補償もあります。入院補償の特徴は、傷害保険のように怪我だけではなく病気に対しても補償することです。
共済とは職業や地域ごとに組織されている相互扶助団体が行っている福利厚生事業です。例えば、JAやコープ、全労済などの組織があります。
共済が民間の保険会社と異なる点は組合員になる必要があることです。それをクリアするなら死亡保障や入院補償、または火災補償や自動車補償も行っています。そして、なによりのメリットは保険会社の保険料にあたる「掛け金」が安いことです。

指定代理請求特約

| 未分類 |

本04指定代理請求特約とは、自分が保険金を請求できない場合に家族が代わりに請求できるようにする特約です。
自分で請求ができない場合というのは、事故や病気で意識がない場合や意思表示ができる状態ではないときとがんや病気で余命宣告を医師から家族にされていても本人に告知されていなく、請求できない場合などがあります。
請求できる人には条件があり、誰でもが請求できるわけではありません。
請求できるのは、戸籍上の配偶者や本人(被保険者)の3親等以内で未成年の場合は親権者または後継人が請求出来ます。
この特約は、契約者本人が事前に自分で手続きを取らないといけないので、もしもの場合に備えて手続きを済ませておくほうが安心ですし、いざというときにあわてなくても済みます。
この特約が付加されていれば、余命宣告(6か月以内)を受けた場合も本人に知られることなく家族が指定代理人の口座で保険金を受け取ることができるので、本人も保険金を利用して有意義な時間を家族と過ごすことができますし、がん治療などにかかる高額な治療費を補うことができるので、本人にとっても家族にとっても残された時間を安心してゆっくり過ごすことができますから、この特約の事を覚えておくと良いでしょう。

リビング・ニーズ特約

| 未分類 |

本03生命保険の保険金を、生きているうちに受け取る事ができるのがリビング・ニーズ特約です。病気や怪我で余命6ヶ月と医師に宣告された場合、最大3000万円まで一時金を受け取ることができます。
何故生きているうちに受け取れる生命保険ができたかというと、余命を宣告されるような重い病気の場合、高額な治療費がかかると共に、仕事を続けていくことができなくなるため生活費に余裕がなくなるからです。
一時金を受け取ることができることで、健康保険が使えないような高額な治療費のかかる高度医療を受けることができ、余命宣告されたよりもずっと長生きすることができる可能性があります。また生活費の事を気にせずに治療に専念することもできます。
治療費や生活費のほかにも、今までやりたいと思っていても出来なかったことをするための費用にあてる人もいます。子供の教育費や、家族の今後の生活の手当てを行なうこともできるのです。また事業を行なっている人の中には会社の運営資金に保険金を使う人もいます。このように自分が亡くなった後のことも、家族や会社が困らないように手当てすることができるので、思い残すことなく人生をおくることができます。
この特約は余命宣告された時、本人に意識がない場合もあるので、本人の代わりに家族などが請求できるようにしておく必要があります。

限定告知型の保険

| 未分類 |

本02生命保険や医療保険には加入時に告知義務があります。
告知すべき内容は将来の危険度を判断を示すもので、保険会社にとっては契約締結の重要なものです。
被保険者の年齢や職業・健康状態などがこれにあたり、虚偽の申告で保険金が出ないことにもなります。
その中で医療保険の中で取り入れられているものに限定告知型の保険があります。
これは告知内容を条件を絞って問うもので、3ヵ月以内に医師から入院や手術を進められていない、あるいは2年以内に入院・手術を受けていないなどの条件を設定しています。
限定告知型は引き受け基準緩和型とも呼ばれ、この引き受けというのは保障を開始できるということで、言わば条件緩和型の保険とも言えます。
この限定告知型をターゲットとしているのは中高年です。
ちょうど生活習慣病のリスクが高まる年代ですが、持病も抱えるケースもあります。
そんな方に向けて、条件設定で保障を引き受けるというのが限定告知型です。
特に医療保険は年齢が上がるにつれ、ニーズが高まる保険です。
そんな中で新たに開発されたのが限定告知型であり、生保から損保・共済系までほとんどの保険会社で取り扱っています。
告知内容は保険会社によって表現の差はありますが、おおむね直近から数年内に大病で入院履歴がなければ加入できる保険です。

無選択型の保険

| 未分類 |

本01もしもに備えて保険にはぜひ加入しておきたいですが、保険にも様々な種類がありますので、まずはそれぞれの特徴をしっかり理解しておきたいものです。
保険に加入できるのはなんといっても健康状態が良いことが条件としてあげられます。
それゆえに、持病のある方や、健康に不安のある方は加入できる保険が見つからないと悩まれていることも少なくありません。

でも、保険は実に多くの種類があり、健康に不安のある方の場合にも加入できる保険はあるものです。

最近は無選択型の保険が注目されていますが、これは健康状態にかかわらず誰もが加入できる保険となっています。

告知や医師の審査がなくても加入できることもあり、現在療養中の方や過去に病気をされた方にも注目されています。

告知や医師の診査がなくても加入できる保険ということで人気が高まっていますが、そのかわり保険の掛け金は高めに設定されていることが多くなっています。

さらに保障内容に制限があったり、免責事項が拡大されている場合もありますので、加入する前には細かい部分もしっかり読み、保険の内容をよく理解しておく必要があります。

最近はこうした保険を用意する保険会社も増えていますので、じっくり比較して最適な保険を選んでいきたいものです。

収入(生活)保障特約

| 未分類 |

手紙03収入保障特約とは、保険加入者が保険期間中に亡くなった場合などに、一時金の形式ではなく、契約で定められた期間、定期的に年金形式で受取人に対して保険金が支払われるタイプの特約のことをいいます。
保険加入者の死後、残された遺族の生活を保障するのが目的となっており、保障特約や家族収入特約の名称で販売されていることもあります。
この特約はさらに「確定年金タイプ」と「歳満了年金タイプ」の2種類に分類され、それぞれ保険金を受け取ることができる期間が異なります。
「確定年金タイプ」は、保険加入者が保険期間中のどの時期に死亡しても、契約で定められた期間は必ず保険金を受け取ることができる仕組みとなっています。
それに対し、「歳満了年金タイプ」は、保険加入者が死亡した場合、死亡時から保険期間満了までの期間に保険金を受け取ることができる仕組みとなっています。
この特約のメリットとしては、一時金の形式で保険金を受け取る一般的な生命保険よりも、保険料が割安である点が挙げられます。
ただし、この特約で受け取ることができる保険金は、一般的な生命保険のものと税制上の扱いが異なるので注意が必要です。
一般的な生命保険では支払われる保険金は「見なし相続財産」として相続税の課税対象となりますが、一般的な資産規模の家庭の場合では全額が控除の枠内に納まるため、実際には相続税が発生しません。
しかし、年金形式で保険金を受け取る場合では、保険金は受取人の雑所得として扱わるため、所得税の課税対象となります。

生命保険の商品

| 未分類 |

手紙02生命保険に加入する際には、この商品の基本的な仕組みについて理解しておく事が重要になります。この保険は加入者同士の相互の助け合いから生まれたもので、多くの加入者から保険料を徴収し、それを元に保険を専門的に運営することで、万が一の時に備える事ができるものです。その為、死亡したケースや、何らかの病気で寝たきりになってしまったときの可能性を考慮し、一定の保険料が徴収され、これらの事態に備える事ができるのです。
この保険は支払いがかさんでも、保険会社が破綻してしまうことはありません。これは事前に想定されるあらゆる事態を基に保険金額を算出しているので、この商品の運営資金は枯渇しないようになっているのです。
そして、この保険は万が一の病気やケガの際に大いに役立つものとなります。これらのアクシデントで生計を立てる事が困難になった場合は、収入が絶たれてしまうために、生活が困難になります。しかし、この保険に加入していれば、万が一の事が起こっても安心して生活を送り続けることができるのです。
又、この保険は将来的な生活資金として蓄えられるもので、会社で定年を迎え、その後の生活資金や親族のための生活資金としても活用されています。