リビング・ニーズ特約

| 未分類 |

本03生命保険の保険金を、生きているうちに受け取る事ができるのがリビング・ニーズ特約です。病気や怪我で余命6ヶ月と医師に宣告された場合、最大3000万円まで一時金を受け取ることができます。
何故生きているうちに受け取れる生命保険ができたかというと、余命を宣告されるような重い病気の場合、高額な治療費がかかると共に、仕事を続けていくことができなくなるため生活費に余裕がなくなるからです。
一時金を受け取ることができることで、健康保険が使えないような高額な治療費のかかる高度医療を受けることができ、余命宣告されたよりもずっと長生きすることができる可能性があります。また生活費の事を気にせずに治療に専念することもできます。
治療費や生活費のほかにも、今までやりたいと思っていても出来なかったことをするための費用にあてる人もいます。子供の教育費や、家族の今後の生活の手当てを行なうこともできるのです。また事業を行なっている人の中には会社の運営資金に保険金を使う人もいます。このように自分が亡くなった後のことも、家族や会社が困らないように手当てすることができるので、思い残すことなく人生をおくることができます。
この特約は余命宣告された時、本人に意識がない場合もあるので、本人の代わりに家族などが請求できるようにしておく必要があります。