収入(生活)保障特約

| 未分類 |

手紙03収入保障特約とは、保険加入者が保険期間中に亡くなった場合などに、一時金の形式ではなく、契約で定められた期間、定期的に年金形式で受取人に対して保険金が支払われるタイプの特約のことをいいます。
保険加入者の死後、残された遺族の生活を保障するのが目的となっており、保障特約や家族収入特約の名称で販売されていることもあります。
この特約はさらに「確定年金タイプ」と「歳満了年金タイプ」の2種類に分類され、それぞれ保険金を受け取ることができる期間が異なります。
「確定年金タイプ」は、保険加入者が保険期間中のどの時期に死亡しても、契約で定められた期間は必ず保険金を受け取ることができる仕組みとなっています。
それに対し、「歳満了年金タイプ」は、保険加入者が死亡した場合、死亡時から保険期間満了までの期間に保険金を受け取ることができる仕組みとなっています。
この特約のメリットとしては、一時金の形式で保険金を受け取る一般的な生命保険よりも、保険料が割安である点が挙げられます。
ただし、この特約で受け取ることができる保険金は、一般的な生命保険のものと税制上の扱いが異なるので注意が必要です。
一般的な生命保険では支払われる保険金は「見なし相続財産」として相続税の課税対象となりますが、一般的な資産規模の家庭の場合では全額が控除の枠内に納まるため、実際には相続税が発生しません。
しかし、年金形式で保険金を受け取る場合では、保険金は受取人の雑所得として扱わるため、所得税の課税対象となります。